事務所の転居祝いに贈る花

会社の移転お祝いの贈り物としては、蘭の花を送るのがマナーです。届けてもらう方法として、スマホからもアクセスできる通販サイトで検討しながら選択できるのは、手間も時間もかからないので簡単に依頼することができます。
オフィスへに胡蝶蘭のフラワーギフトが喜ばれる理由は、縁起の良い花であることと、無機質な室内に花の持つ独特の癒し効果があることが主な理由になります。

花色もとりどりでその場の雰囲気が高まるようにきらびやかに明るく演出してくれます。そのような特徴があるので一番選ばれているのが、花ギフトの長所であると思います。
お祝い品を花以外で探してみても、飾り物や食品を贈っても先方の嗜好に合わなかったり、用途にそぐわなかったりする場合があります。受け取る側に最もスムーズに満足してもらうには、花ギフトが最も合っていると思います。
参考にすべき、失敗のない金額としては、1万円から2万円と思えばよいかと思います。届け先との付き合いの程度もあるのが普通ですので、重要な顧客なら3万円を選ぶのがおすすめです。
お祝い花には【立て札】というメッセージが『のし』代わりとして花につけて届けることが基本となります。この祝字は、花の種類や用途によって付け方が変わりますが、わからない場合は一般的な形の「設立御祝」、「祝〇〇」とするのが安心だと思います。
お祝いスタンド花などの配送については、前日か当日に配送されるのが良いようです。予め手配する日を予約しておけば日付や時間指定が可能ですが、急いで贈りたいときは即日配送が可能な業者もあるので役に立ちます。
ほとんどの花屋で最低価格が15000円となっているスタンドフラワーが、一般価格より5000円も安い1万円で手配できます。自社での配達地域は、都内23区・大阪市で即日配達も受け付けています。
高級品のお祝いギフトとして有名な胡蝶蘭ですが、扱っている花屋によっては値段が高くて費用が足りないときがあります。そのような場合に、格安の1万円で注文可能な胡蝶蘭が、ネット通販であれば今すぐ注文できます。
胡蝶蘭やアレンジメント、スタンド花の選択で迷うときは、お届け先が何の仕事なのかで選ぶと良いですね。祝い花の選び方は、届け先が事業所ではなく店舗などだったら周りへの宣伝になるように大き目のスタンド花が喜ばれます。
お世話になっている病院や医院に贈る花として間違いないのは、花の中で最もハイグレードであり、祝福の花言葉がある、胡蝶蘭のギフトです。値段の違いで胡蝶蘭のボリュームが変わるので迷うことがありますが、産直販売している花屋の通販を利用することで簡単に安く利用することができます。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a Reply




Menu

HOME

TOP